なりすましの罠

悪徳業者の出会い系サイトの中で一番ポピュラーであり、今まで利用したことがない人が最もやらない理由を挙げているのが、この「なりすまし」です。

これは『サクラ』と呼ばれているほうが聞きなれていると言えるでしょう。この存在は出会い系サイトが誕生したころと同じような時期に誕生したと言われており、当時から問題になっていることも多かったですが、今なお多くの被害に遭われている利用者もいますので十分注意することが多いと言えるのではないでしょうか?

アルバイトなどを雇って実在しない人物を装って会員とメールでの連絡をしあうというものです。他にも掲示板の出会い系サイトであれば実際に利用者が同じ利用者をだましているというケースも少なくないようです。

これは実体験をもとに書いていきますが、実際にメールのやり取りをしていていざ会おうと思っても決して待ち合わせ場所にいなかったり、前日や当日になってドタキャンが入ったりします。そういったやり取りが2回以上続くと非常にその可能性はあります。

一回であれば、本当に急遽予定が入って会えなくなったりする場合もありますので判断は出来ませんが、2回も3回も続くようであれば存在しない!もしくは会えない理由があったりするのです。

特徴としては自分から積極的にメールをしてきて相手に合わせるような共感メールを送ってきます。『そんなに自分に興味があるのですか?』と聞きたくなるほど必要に情報を集めるかのごとく自分が送ってきたらすぐに返信してきます。

仲良くなれば当然会いたくなりますので最終的に待ち合わせを決めるのが当然ですが、ここがポイント!地元が一緒であれば地元にしかないようなスーパーを相手に伝えてみるか、待ち合わせには存在しないような場所を相手に伝えることが大切です。

ありきたりな○駅の△の下で・・というような誰もが思いつくような場所を伝えてしまったら、相手がサクラだったらそもそも来る気が無いので簡単に返事します。

しかし、会う前提で待ち合わせ場所を聞くのであれば、相手はもっと分かりやすい場所にしませんか?などと分かりやすいような場所を指定してくるはずです。特に地方で出会い系サイトを利用しているのであれば確実に地元ネタを織り交ぜて、時に嘘を言うことも見極めが肝心です。

また、もう一つパターンとして自分はお金持ちであったり、ステータスを押してくるような人物やH目的を前提としたような文章は十分注意が必要です。お金持ちの人ほど本当の自分を見てもらいたいと思っているので、アピールはふつうはしてきませんし、H目的であったとしてもいきなり女性はそういった話はNGです。

今まで出会ったことが無い人やより多くの人と出会えるのが出会い系サイトの最大のメリットですが、常識を踏まえていて自分だったら送らないだろうと思うような文章をいきなり受け取った場合は十分気をつけましょう。

悪徳業者の中には会員がまったく存在しないケースも珍しくないのでこれはもっとも注意することが必要だと『出会いウォーズ』では考えております。

純粋なる出会いを探している利用者の心を踏みにじって私腹を肥やしている悪徳業者の典型的な手口です。

★若い人向けの出会い★ ★人気NO.1優良サイト★ ★まじめで安心の出会い★