サクラの登場

もはや『サクラ=出会い系サイトで業者が利用者のフリをしてメールのやり取りをしてそれにかかる費用やポイントをたくさん使わせて結局会えない』というのが方程式で成り立っていっているといって良いほどサクラといえば出会い系!と人々の中には浸透していっているといっても過言ではないでしょう。なぜここまで、急激に爆発的に広がっていっていたのでしょうか?広まる理由が無ければ広がりません。

サクラの登場というものは実はインターネットが誕生して出会い系サイトが登場したのとほぼ同時に誕生したといわれております。本当に運営者側はそこまで考えて利用させていたといわれております。だからこそよりサクラ=出会い系というように思われても仕方がないといったら納得できます。全部優良の出会い系サイトだとしたらそれは良いですが、絶対に悪用する人というものが出てきます。

やはりサクラが生まれた経緯は明らかにそちらのほうが稼げるからでしょう。放置していても当時は有料サイトが当たり前でしたので、少なからずお金は入りました。しかし一回メールのやり取りを増やせばそれだけでお金になるといわれたら誰もがサクラをやりたがるといえるでしょう。ですのでサクラは多くのサイトで存在しているといわれており、優良サイトは非常にすくないといっても良いでしょう。

逆に当時の出会い系サイトで今もなお残っているサイトはかなり優良の気質が高いといえます。日本では特に古くから残っている会社や文化や伝統を重んじている風習がありますし、そこにプライドを持っている人が多いです。そのため、経営者などもまじめにやってきた意地があるといえます。ですので優良サイトと判断できる一つのバロメーターにしても良いでしょう。むしろするべきです。

やはり長く続けられたということはそれだけの理由が存在しているからでしょう。また現状のサクラはアナログで来たメールに対してそのまま担当の方が、やり取りをするという人が多いですがシステムチックにどんな文章が来たらどんな文章を返すのかを定型文と送り返したりします。

自動で送ったりするところもあるようです。

サクラはネット創世記から今日に至るまで存在しておりますが、利用者がだいぶ気づいておりそういったところはすぐにたたかれています。ですので今は数が減ってきましたが油断はしないようにしましょう。

★若い人向けの出会い★ ★人気NO.1優良サイト★ ★まじめで安心の出会い★