不当請求対策

不当請求対策をしっかりとしてくことを紹介していきます。

今なお、21世紀に入って、悪徳業者の代名詞にもなっていると言われているもので、一つの社会問題に発展していっております。

消費者センターに電話するとかなり待たされた!ということもあるかと思いますが、それぐらいひっきりなしに電話回線がパンクになってしまうほど手が回らないほどの件数が報告されております。

出会いけサイトだけ!というわけではありませんが、やはり出会い系サイトによる被害が多くなっているのが現状だと言えるでしょう。特にターゲット層は20代ではなく、40代や50代の方による被害と言うものが多くなっており、やはり高年層の方の被害が顕著に出ていることが問題視されております。中には自分の退職金をすべて投じてしまったという人もいるほどです。

やっていない人や被害に遭っていない人からしてみれば『自業自得』や「普通は気付くやろ!」と突っ込みたくなるかもしれませんし、呆れてしまうかもしれませんが、【オレオレ詐欺】などもあれだけ注意を呼び掛けても被害に遭っているのです。年々対策がものすごいスピードで強化されてはいますが、それ以上に巧妙にかつ綿密になってきております。

さらに出会い系サイトでは恋愛や新しい出会いというもので、自分の意思でそこに没頭してしまうということで中々自分が詐欺にあっている!とも思わない人が多くなっているのも確かです。

迷惑メールも無料だから!と手軽にやってしまったら悪徳業者の場合絶対に後で罠を仕掛けて待っております。ですので、自分が登録したところ以外はやらない!サクラの人とはやらない!そういった芯をもってやることが大切です。

一般的に被害にあっているケースとしては

○登録をしていない出会い系サイトにも関わらず、迷惑メールがきてしまってそこが悪徳業者だった!・・・87.6%の確率で悪徳業者だということを伝えておきます。一方的に身に覚えのない人から来るメールには気をつけましょう。ここ最近では某大手SNSのドメインに酷似しているものをわざわざ取得して安心させて登録させる業者までいるので注意が必要です。

○登録をしたいと思ってボタンを押そうと思ったが、金額の確認や了承の有無が無かった….96.9%の確率で悪徳業者です。通常であれば、登録する前にしっかりと分かりやすい場所に金額が○円かかるや一回につきいくらかかると言った明記は必須となっております。それが無い場合はほぼ悪徳と言ってもいいでしょう。

○無料出会い系サイトに登録したがそれは期間限定だった・・・・90%の確率で悪徳業者です。見落とし以外で基本的に分かりやすくサイト上に明言されていなかった場合は悪徳業者ですし、その契約も無かったことに出来ます。

色々とありますが、代表的な一例を挙げさせていただきましたが、年々巧妙化しておりますので、とにかく気をつけるのは出会い系サイトに登録したら自分が無料なのか有料なのかをしっかりと覚えておいて、有料の場合は何に対してお金が発生するのか?をしっかりと覚えておきましょう。

★若い人向けの出会い★ ★人気NO.1優良サイト★ ★まじめで安心の出会い★