挨拶の前に

相手にメールを送るときにいつもお決まりの内容で送っても面白みが無い!感じている人のために、ちょっと変化球的なアプローチ方法を紹介します。大抵であれば、下記の形でメールを送るのが定番となってきております。

『はじめまして、○○です。よろしくお願いいたします。趣味は映画を見ています。■■さんも見られているプロフィールで見ました!もしよかったら仲良くなってください。』

こういった文章を送っている人が多いといえますし、それが当然で礼儀やモラルと考えている人も少なくないでしょう。もちろんこれは間違ったメールの送り方ではないですし、これから始まるメールというのが大半です。

しかし、この文章だとどうしても興味を持ってもらえることが少ないでしょうし、ありきたりすぎて印象に残らず、他の人のメールと一緒に埋もれてしまったり同じ印象値にしか残らなくなってしまいます。まずは相手に覚えてもらうということが出会い系サイトでは特に大事な部分でもあります。

ちょっとした変化を加えて送ることで相手の印象が変わります。それは相手の内容について先に述べた後に自己紹介をする方法です。

具体的には『趣味は映画なんですねぇ~?僕も映画を見たりしますけど、普段は洋画と邦画のどちらのほうをご覧になられますか?あっ!ごめんなさい!○○と申します。よかったら仲良くしてくれませんか?』といった形で送ります。どちらも相手のプロフィールを見て送っていますが変化球の送り方だとちょっと他とは違和感を感じますね?

メールで差をつけるというのは主に違和感を与えることで相手に印象をつけるという意味でもあります。慣れていないと違和感を感じると思いますし、仲良くなる前提ですよね?もちろんいきなり慣れなれしくいきすぎだろ?といわれたらご尤もだと言えます。

どう思うかは人それぞれですが、こういった自己紹介の前に用件や目的・共感を伝える事もメールの送り方の一つと覚えておくことでバリエーションが増えることにつながりますので覚えておきましょう。特に堅苦しいのが苦手な人には最初を乗り越えれば仲良くなるのが早くなる言い方なので効果的かもしれません。

しかし、いきなりグイグイ来すぎと言われたらそれまでなのも頭に入れておきましょう。自己紹介をするというのは日本では当たり前の行動ですが慣例化してしまって逆に印象に残らないという事も考えて出会い系では他の人に負けないようにメールを送りましょう。

そのための方法を一つここでは紹介しました。

★まじめで安心の出会い★ ★若い人向けの出会い★ ★人気NO.1優良サイト★